睡眠時無呼吸症候群の診察を始めました

このエントリーをはてなブックマークに追加

当クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群の診察を始めました。

とは、言っても睡眠時無呼吸症候群とはどのような病気なのでしょう?

まずは理解いただくことから始めていきます。

その後、別の回で検査や治療についてご案内します。


【睡眠時無呼吸症候群とは】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に気道が塞がり、

睡眠中に無呼吸状態が繰り返される病気です。

気道が塞がる原因は、気道・喉・顎・鼻周りの形態的特徴の他、

呼吸中枢が関与する場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の潜在患者数は300万人以上と

推計されています。本来は休息すべき時間である睡眠中に無呼吸状態が

繰り返されるため、心臓や体全体に大きな負担がかかります。

最近の研究では、高血圧や糖尿病、脳卒中、心臓病など多くの

生活習慣病との関連も明らかになっています。

各疾患における睡眠時無呼吸症候群合併割合

また、日中の眠気が交通事故や労働災害の原因になりかねない

危険性もあり、SASは早期発見・治療が重要な病気と言えます。

 

SASの代表的な症状は以下の通りです。お心当たりの症状が

ある場合にはお早めの受診をお勧めします。

・いびきをかく(ご自身で自覚がなくても、指摘されたことがある)

・日中に眠気を感じる

・朝起きた時に頭痛がある

・いつも熟睡感がない

                            以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です