睡眠時無呼吸症候群について(治療)

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について、

今回は治療について説明してまいります。


【治療】3つの治療法をご案内します

SASと診断された場合は、症状や重症度、原因に応じた

治療法を選択します。

普段の睡眠環境や生活習慣を見直してみることも大切です。

就寝前の飲酒を控え、適度な運動を取り入れるなど

できるだけ規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

睡眠薬を服用している方は予め主治医にご相談ください。

 

1.CPAP療法

SASの治療にはいくつかの種類がありますが、最も一般的なのが

睡眠時にCPAP(シーパップ)という機械を使用する

経鼻的持続陽圧呼吸療法です。

CPAPは、気道に陽圧を送り込むことで閉塞を防ぐ装置です。

CPAP治療には健康保険が適用になります。治療中の疑問や

お困りごとは毎月の外来で主治医に遠慮なくご相談ください。

 

 

2.マウスピース

就眠時に、専用に製作したマウスピースをご使用いただく治療法です。

下顎を上顎より前方に出すことで気道を広く確保する治療法で、

軽症の場合には適用になるケースがあります。

マウスピースでの治療を行う場合は、作製に慣れた歯科医をご紹介いたします。

 

3.外科手術

気道を塞いでしまう部位が明らかな場合、またその部位によっては

手術が適用になる場合もあります。

手術が適用になる場合には、専門の医師をご紹介いたします。


外来受診について

SASの検査・ご相談は、事前のご予約の上、ご受診下さい。

ご来院の際には、健康保険証と服用しているお薬があれば

併せてご持参ください。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です