スギ花粉症でお困りではありませんか?(診断の仕方について)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、スギ花粉症の診断をどのように行うのかをご案内します。

まずは、アレルギーの原因をつきとめることが大切です。

治療を始める前に、医師の問診と抗原検査により、原因を特定

することが大切です。

スギ花粉症は、問診と、皮膚テストや血清抗体検査などの検査

結果から総合的に判断します。


【問診】

花粉症かその他の疾患かを判断するため、症状の出る時期や程度、

花粉症以外のアレルギー歴などについて聞かれます。


【スギ花粉症(アレルギー)の検査】

◉ 皮膚テスト

スギ花粉に対する皮膚の反応を調べます。

◉ 血清抗体検査

血液検査をします。スギ花粉に対する抗体の量を調べます。

◉鼻鏡検査

鼻鏡と呼ばれる道具を使って花の粘膜を確認します。

◉鼻汁検査

鼻水を採取し、鼻汁中の好酸球を調べます。


「鼻炎かな?」、「花粉症かな?」と、思ったら・・・。

・放置せず、まずは医師に相談しましょう。

・検査で原因となるアレルゲンを特定しましょう。

・医師と相談しながら、自分に合った治療法を見つけましょう。

 

次回は、治療法についてお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です